あらた監査法人で採用されたいならココをチェック

長時間労働の定着

作業員

労働環境の改善

日本の建設業界は工事量の増加によって現場監督の不足が顕著となっています。建設業界全体の傾向として高齢化による生産性の低下が問題になっています。日本の建設現場は作業員の給与が日当性のこともあり、土曜日も稼働する状況が継続しています。工業化工法の採用やIT技術の活用によって現場の生産性の向上が喫緊の課題となっています。施工を担う建設会社では現場監督の採用に注力しています。建設工事を進める作業所においては工事の規模や難易度によって必要とされる現場監督の数が異なります。一つの工事において統括して現場を運営する現場監督は公的な資格が必要となっています。したがって採用においても公的な資格の保有者を優先的に採用する必要があります。大現場で複数の現場監督が必要となる場合には公的な資格がなくても、分担して工事を担当することが可能です。最近の工事現場では労働者の不足に対応するために施工方法の工業化や事前の3Dによる図面検討が進んできているため、現場監督として採用されるためには、公的資格の取得に加えて、IT技術のスキルを身につける必要があります。高齢化の進んでいる建設業界には若年層を参入させることが重要で、そのためにはほかの業界と同様に土曜も休めるような仕組みを構築する必要があります。生産性を向上させるためには、若年層の採用が必須となっております。若者に安心して就職してもらうためにも、採用の現場で労働環境の改善が着実に進んでいることを示す必要があります。